忍者ブログ
~管理人のつぶやき~

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2
<<08 * 09/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  10>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「被験者モニター募集!」という告知
によって集められた十二人の男女が
とある施設に閉じ込められ、
より多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う
犯人当てゲームをやらされるー。

簡単に言うと、そんな感じの内容です。

状況描写というより、人物による会話主体で
話が展開するので、小説というよりは漫画に近い感覚でテンポよく読み進めます。

ただ、最後のほう、一気にテンポの悪くなる個所があって、
その後は、読むのに中だるみしてしまったかな・・。

もうすぐ映画が公開されるそうです。

暗闇がまとわりつくシーンが多いので、
たぶん、映画のほうが見ごたえあるんじゃないでしょうか。

ーあ、今サイト見てきましたけど、ちょっと見ただけでコワカッタ・・。
映像化されると、恐怖が先に立ちそうです。
個人的には、暗闇とか目からくる映像的な怖さは苦手です。

横道にそれちゃったけど、
本だと暗闇でも外でもあまり関係なく、
ドキドキ感は別なところからやってくると思うので、
舞台は”地下”なんて暗く閉鎖的なところじゃなく、
孤島あたりで、明るい中堂々と用意してほしかったなーと思います。
本編の中でもモチーフとして出てきますけど、
それこそ、私の大好きな「そして誰もいなくなった」のようにね。
あれも舞台は孤島で、明るい空の下を自由に歩けるんだけど、
それなのに、ドキドキするし怖いんです。
もちろん、「そして誰も~」が名作すぎるんですけども。

本編の最後を見る限り、
続編が出たら、ちょっとおもしろいかなと期待してます。
PR
本当は「告白」を探してたんだけど、
電車まで時間がなくて、乗り場の手前の本屋で見つけた
この本を咄嗟に手にとりました。

なので、とっても軽い気持ちだったんだけど、
ぐいぐい引き込まれる展開で、最後まで楽しく読めました。

ストーリーは、「ゲレンデの雪の下に爆弾を仕掛けた。
要求に従わなければ、爆破する」という脅迫文がスキー場に届き、
ゲレンデのスキー客全員を人質にとられた状態の中、
緊迫感を持って展開します。

スキーやボードを使って犯人を追跡する部分もあり、
スピード感があって、どんどん読めちゃいます。
そして、最後には驚きの真実が・・・。

そうきたか~!

という感じの展開で、
個人的には、「やられたなぁ!」と思いました。

とってもエンタメな小説だと思うので、
楽しみたい方には最適です!

今回読み損ねた「告白」は、楽天ブックスで買っちゃうつもりです☆
しばらく、本について書いてませんでした。

読んでないわけじゃないんですよね。

それどころか、この休み中とか
東野圭吾を大人買いして、一気読みしました。
今なら”東野圭吾通”を自称できるかもってぐらい読みました。

読みすぎてて書けない・・のかも(笑)

昔のを読み返したら自分でも発見があったりしたので、
まあ、そのうちぼちぼちと書いていこうかな、と。
アトムと浦沢直樹~??

最初聞いた時これほどピンとこないものもなかったし、
正直、「やめてほしいな~」とか思っちゃってたんですけど、
実際読んでみたらおもしろいです。
1巻でいきなり泣いてしまいました。
1巻の「ノース2号」の話が大好きです。

”第6回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作”というキャッチと
おもしろタイトルに惹かれて買いました。

だって、ミステリーでパンダって
なんかそれだけで面白くないですか?

”この10年で一番美味しいミステリー”という批評も気になります。

美食ミステリーといえば、私の中では「料理長が多すぎる」が最高峰。
ーというか、それ以外に面白い美食ミステリーを私は知りません。
これはもう是非とも!ということで購入しました。

内容は、物語としては面白いです。
関西弁で話すキャラたちは魅力的だし、会話もおもしろい。
ただ、ミステリーとして読むと、
序盤なんて特に、どのへんがミステリーなのか
いったい誰が主役でどこを中心に話が展開しているのか
結構不思議マークが連発されます。

でもね、話がおもしろいのでどんどん読んじゃいます。

ただラストに向けてどんどんと、「そこかー」という
展開に向かってしまったのが、ちょっと残念。
美食を追及してこの展開は、結構昔からよくあるなぁと
そうではありつつも面白く読ませてるんだから
やっぱりそれはそれでスゴイのですが。

「このミステリーがすごい」繋がりで、
次は「チームバチスタの栄光」を読んでみようかと思う
本の虫がうずく今日この頃です。


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:とも
性別:女性
趣味:
読書、美容、お酒、楽しいこと全般
自己紹介:
最近、いろいろなことに目覚めました。
人生楽しまないと、損だよね。

大人になってからちょっと病気がち。
だけど、そんな自分をひっくるめて
楽しもうと思う、今日この頃です。

本体のホームページは半放置状態。
本体を大リニューアルするのが、
一生涯の目標です(笑)
ブログ内検索
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: T-ROOM blog All Rights Reserved